ビデオカメラの寿命は何年か

DCR-DVD810.jpg

一般的なビデオカメラの寿命

□ビデオカメラの寿命は5年から6年です。もちろん、同じビデオカメラを7年以上使う人もいますが、ビデオカメラの機能は2年ごとに大きく変わります。そのため、5年もすると画質や機能に大きな違いが出るのです。
また、メーカーは、5年や6年前のビデオカメラなら、修理用の部品を保存していません。そのため、こわれても修理できないのです。ですから、5年が経過する前に買い替えをおすすめします。


ビデオカメラの寿命が短くなる原因

□ビデオカメラの寿命は、使用する環境や頻度でより短くなります。ほかのオーディオ機器もそうですが、ビデオカメラは使わない時間が長いなら、寿命は短くなるのです。バッテリーの寿命のためにも、定期的に使用してください。
また、ほこりがかぶらないように保管しましょう。密閉した状態での長期保管もおすすめできません。保管箱には乾燥剤をいれてください。


ビデオカメラの寿命を長くする方法

□ビデオカメラの最も重要な部分は、ヘッド部分です。ヘッドのクリーニングは定期的に行いましょう。また、バッテリーの消耗にも気をつけてください。ビデオカメラのバッテリーは2つ持つのが普通です。しかし、予備バッテリーも定期的に使ってください。充電が満タンの状態で長期保存すると、バッテリーは弱くなります。
ACアダプターをつなげて使用するときは、バッテリーをはずしましょう。バッテリーを少し使っただけで、すぐに充電するのもよくありません。バッテリーは使い切ったのちに、充電してください。

ソニーのMiniDVカメラ

ここにご紹介するのは,小型ハンディカム初となる,3CCDを搭載した製品です。DCR-TRV900と言う型番になります。

1998年7月30日にプレスリリースされ,実質的にこのTRV900が世界初の家庭用カムコーダーに3CCDを搭載したモデルとなりました。

3CCDとは,光の3原色(R.G.B)を各々独立して撮像することで高解像度と忠実な色再現性を実現する“3CCDカメラシステム”を採用したものです。

CCDは画像を読み込む際に,インターレース/プログレッシブ2つの方式を 任意に切り替えることができ,動画・静止画各々に最適な撮影を実現します。

例えば,インターレース方式を選択すれば放送方式(NTSC)に適した動画撮影を実現でき,また,プログレッシブ方式では,ブレのない鮮明な静止画を撮影することができるとともに,パソコンへの取り込みにも適しています。

また,レンズを動かすことにより,光学的にブレを補正する“アクティブレンズ方式手振れ補正機能”を新たに搭載。画質劣化のほとんどない安定した映像の撮影を可能にするとともに,レンズ部の省スペース化を図り本体の小型化を実現しています。・・・ソニーの報道資料からです。

DCR-TRV900.jpg

SONYのVideo8

1985年1月発売の8ミリビデオ第1号機です。ショルダータイプでした。統一規格の8ミリビデオテープに記録するカメラ一体ビデオカメラの第1号機でしたね。撮像素子は当時の技術を結集した新開発の25万画素CCDで、電動6倍ズームを搭載。1.97kgという軽量化も実現しました。

CCD-V8.jpg

※なぜ統一規格なの? : 家電業界を二分したVHSとベータとの間の激しい規格争い…思い出しますね。統一された規格がないことのデメリットを痛感したメーカー各社により「8ミリビデオ懇話会」が設けられました。次世代のビデオ規格として検討が行われた結果、ビデオにおける初の世界127社による統一規格として誕生したのです。

テープ幅が8ミリであり、規格名はそこから取られているのです。 ビデオカセットはコンパクトカセットとほぼ同じ大きさで、VHSやベータと比較して大幅に小型化されていました。 テープはメタルテープ(塗布型または蒸着型)を採用し、高密度記録により、当初より標準モードで120分の長時間記録が可能でありました(後に180分テープも発売)。

そして8ミリビデオをハイバンド化した上位互換の高画質フォーマットとしてHi8、テープ速度を2倍にしてデジタル記録(DV互換)を実現したDigital8が後の登場します。

Video8は単に「8ミリ」、「8mm」と呼ばれることもありますが、その場合、8ミリフィルムを意味していることもあるので注意が必要ですその後、miniDVへの世代交代があり、さらには記録メディアが磁気テープからDVD・HDD・SDメモリーカードへと変遷したことによって「8ミリ」という略称自体がほとんど聞かれなくなっています。

ホームビデオ

今は小型でハイビジョンのビデオカメラで簡単にホームビデオを撮影できます。

でも昔は小型になる事自体が高いハードルでしたね。1986年に発売されたビクターのVTR一体型ビデオカメラGR-C7。

ビデオカメラのキャッチコピーが「どこでも気軽にビデオ撮りができる夢のようなムービーです」というものでした。重さ約1.3kgでした。av-gr001.jpg

録画用のビデオテープはVHS-Cでした。1985年にはソニーはCCD-V8と言う8mmビデオテープに記録するカメラ一体型ビデオを発売しました。重さは1.97kgでした。

VHS-Cや8mmビデオ(後のHi8など)やBetaなど様々なビデオカメラが出回っていましたね。あなたの子供ころの撮影したテープは保管されていませんか。懐かしい映像をすぐに見ることができて,DVDに変換すると便利ですよ。

Profile

image
hiro52sk
8mm-video店主 hiro52skは、1978年から8ミリカメラでの撮影を始めました。その後、ビデオになってVHS-C、Hi8、MiniDVカメラと変化し、主に友人やファミリーを対象に撮影しました。撮影歴40年超えになりました。(^_^;)

New Entries

Comment

Categories

Archives(12)

Link

Search

Free

Counter

174839