ホームビデオ

今は小型でハイビジョンのビデオカメラで簡単にホームビデオを撮影できます。

でも昔は小型になる事自体が高いハードルでしたね。1986年に発売されたビクターのVTR一体型ビデオカメラGR-C7。

ビデオカメラのキャッチコピーが「どこでも気軽にビデオ撮りができる夢のようなムービーです」というものでした。重さ約1.3kgでした。av-gr001.jpg

録画用のビデオテープはVHS-Cでした。1985年にはソニーはCCD-V8と言う8mmビデオテープに記録するカメラ一体型ビデオを発売しました。重さは1.97kgでした。

VHS-Cや8mmビデオ(後のHi8など)やBetaなど様々なビデオカメラが出回っていましたね。あなたの子供ころの撮影したテープは保管されていませんか。懐かしい映像をすぐに見ることができて,DVDに変換すると便利ですよ。
2017/06/20(Tue) 16:30:49 | 日記
Tittle: Name:

Profile

image
hiro52sk
8mm-video店主 hiro52skは、1978年から8ミリカメラでの撮影を始めました。その後、ビデオになってVHS-C、Hi8、MiniDVカメラと変化し、主に友人やファミリーを対象に撮影しました。撮影歴40年超えになりました。(^_^;)

New Entries

Comment

Categories

Archives(12)

Link

Search

Free